相撲部屋のおかみさん

まずは、相撲部屋の おかみさんが

友人に誘われて火鍋を食べに

来てくれるんだな。

 

しばらくすると親方を誘うわけだ

 

「美味しい火鍋屋があるのよ、船橋に」

 

ってな感じで。

 

初め親方は乗り気ではない

入って来た時の顔でわかる。

 

おかみさんが

食べたいって言うんなら…

 

ってなもんで内心は渋々だ。

 

帰る時の顔も、イマイチさえない。

 

しかし親方も

普段は おかみさんに

苦労かけてるって気持ちがあるから

 

おかみさんの 機嫌が いいならと

2回目も一緒に来るわけだ。

 

2回、3回と火鍋を食べるうちに

火鍋を食べるコツを掴む。

 

「あれ、うまいな、これ。」

 

何十年も、

ちゃんこ鍋を食べてるんで

鍋の食べ方はプロフェッショナルだ。

 

火鍋も同じで

コツを掴むと激うまだ。

 

にんにくゴマだれを

たっ〜ぷりつけた豚バラが止まらない

 

最終的に、親方も火鍋に

完全にハマるわけだ。

 

しまいにはメニューを見て

自分で食べたいのを注文する。

 

帰る時は笑顔だ

 

それを見て、わたしは嬉しい。

 

そんなわけで

今日も全力疾走いたします