休日営業

 

今から7年前の事

 

 

店の名前は

 

新四川料理三国と言う

 

名前の店をやっていた。

 

 

 

昼に600円のランチを

 

50人売って

 

 

 

夜に40000円位売って

 

週に一回休んで

 

調理場に二人居て

ホールに二人居て

 

 

宣伝費に40万ぐらい使って

 

完全に行き詰っていた。

 

 

 

自分とこの商品で勝負できない

 

クーポンでお客を呼ぶ店。

 

 

 

飲食店サイトからすれば上客だ。

 

 

 

 

完全に潰れるパターンだった。

 

 

 

 

パッと見はお客さんが

 

居るように見えるが

 

 

 

内実は

 

店の家賃の支払いにも

 

困る状況だった。

 

 

 

もちろん

 

自宅の家賃は保証会社から

 

催促の電話が来る始末。

 

 

 

私と直子は定休日を

 

二人で開けて

 

 

少しでも

 

足しにしようと話した。

 

 


二人だけでできる事。

 

 

 

わたしは

 

和食の料理しかわからない。

 

 

 

四川料理は

 

その当時にいた料理人が

 

作っていたのだ。

 

 

 

ちなみに

 

私がしていたのは

 

皿洗いと調理補助だ。

 

 

 

直子と話しあった。

 

 

 

その当時

 

〆てきな感じで

 

出していた火鍋だけを

 

提供するのはどうだろうか?

 

 

と二人で考えた。

 

 

 

とにかく

 

今までやってきて

 

失敗の連続だった

 

私の考えだったけど

 

 

 

今回も

 

とにかくやらなくては・・

 

と思った

 

 

 

なぜなら

 

 

あっちこっちの

 

支払いを滞納して

 

溜まったお金を払わないと

 

 

 

仕入れをする金も

 

なかったからだ。

 

 

 

カードの現金枠は

 

自転車操業で

 

 

営業前に鳴る携帯電話の

 

着信音が気になって

 

 

 

 

悶々とするばかりだった。

 

 

 

 

次の休みの日に

 

 

妻と二人火鍋だけで

 

営業する事にした。

 

 

 

しかし・・・

 

 

 

 

【次回に続く】

 

忘れたい記憶・・・
忘れたい記憶・・・