2017年

2月

10日

恥ずかしい

今考えても恥ずかしい・・・

 

 

折に触れて書いたかもしれないが

 

 

私が初めて店を持ったのは

 

東京の下町で

 

養老ノ瀧チェーンの焼き鳥屋だ。

 

 

3年ほど営業したあと

 

駅前に店を構えようと思った。

 

 

意外に人気があった店だったので

 

ビルのオーナーが

 

息子さん夫婦に継がせようとなった。

 

 

私は弟と共同経営の店も

 

無事に開店し

 

社長と呼ばれるようになった。

 

 

 

ある日

 

 

 

代替わりした

 

焼き鳥屋はどうなってるんだろう?

 

 

と思った私は

 

休みの夜に焼き鳥屋に行った。

 

 

 

ご夫婦で営業されていた。

 

 

彼らは飲食業は

 

初めてだったようだ。

 

 

 

わたしは酒も入り

 

調子に乗っていたんだろう。

 

 

 

「店は、こうしたほうが

 

 いいですよ。」

 

 

とか

 

 

「このメニューは・・」

 

とか

 

 

上から目線で話した。

 

 

その時の私の服装はスーツだ。

 

まさに社長気取り。

 

 

 

あれから16年

 

いまだに後悔している。

 

 

 

一生懸命やっている人に

 

あれこれ駄目だしして

 

 

まるで自分のほうが

 

素晴らしい人に

 

なったかのような錯覚。

 

 

優越感に浸る恥ずかしい行為。

 

 

その事があってから

 

他の人の店で

 

調子に乗った事を

 

言わなくなった。

 

 

 

恥ずかしい。今でも。

 

 

 

 

50歳に近くなって思うのは

 

 

「お前は人様に物を

 

言えるほど凄いのか?」と

 

 

自分自身に問いかける。

 

 

 

答えは

 

「お前は、まだまだ」

 

 

 

妻と営業終了後に話す。

 

 

「お互いに自分の店で精一杯だな」

 

とね。

 

チャビィとの休日
チャビィとの休日