そうなのか・・・【第2話】

そうなのか・・・【第1話】

 

 

 

叔母さんが事の顛末を

 

友人に話すと

 

 

 

「あ・・やっぱり・・」

 

 

 

と友人は答えた。

 

 

 

「もしかしたら・・・

 

そのお爺さんって、この人?」

 

 

と言って携帯の写真を

 

見せたらしい。

 

 

 

すると叔母さんは

 

 

 

「こ・・こ・・この人だわ。」

 

 

 

「昨晩私の前にバタンと

 

倒れてきたのは。」

 

 

 

 

「実は・・

 

私のお爺ちゃん入院していて

 

あまり状態が良くないの。」

 

 

「たぶん

 

私に会いに来たんだけど

 

 

わたしは枕元に

 

魔よけの塩袋を置いてるから

 

隣の人に行ったのかも・・」

 

 

 

と言ったそうだ。

 

 

 

 

にわかに信じられない話だが

 

 

 

それから叔母さんは

 

今までにない

 

経験をする事になったそうだ。

 

 

 

ある旅行先で

 

玄関に熊の毛皮が置いてあった。

 

 

 

毛並みも良い毛皮で

 

思わず撫でようとすると

 

 

10cm先から

 

手が進まない。

 

 

 

手が嫌がっていると言うのだ。

 

 

 

嫌がってると感じるのだが

 

無理やりに

 

触ったのだそうだ。

 

 

 

 

その晩、眠りについた叔母さん・・

 

 

 

深夜に

 

「キャー!!!!」

 

っと叫んだ。

 

 

 

一緒にいた人が

 

 

「どうしたんだ?!」

 

 

と飛び起きると

 

 

 

「ガリッと・・

 

ネズミにかまれたわ」

 

 

 

と言ったそうだ。

 

 

ねずみ???

 

 

 

次の日の朝

 

 

民宿で朝ごはんを食べてる時に

 

昨日の出来事を話したそうだ。

 

 

 

ネズミに齧られたというか

 

ガリッと爪で

 

引っ掻かかれたと言うか

 

 

 

すると・・民宿の人が

 

 

 

「そうですか・・」

 

 

【次回に続く】