2016年

8月

26日

チャビィという名の猫

折に触れて妻の直子が

 

書いてるかもしれないが

 

 

我が家には

 

動物愛護センターで

 

もらって来た

 

 

5歳だったか?

 

6歳になるオス猫がいる。

 

 

もらい手がなかったらしく

 

愛護センターに行ったら

 

 

子猫と言うか・・・

 

 

すでに大きかった。

 

 

檻の中から出た

 

オス猫が走り回って

 

それを見た直子が

 

ドン引きしてたのが

 

印象的だった。

 

 

飼ってみれば噛み癖があった。

 

 

それでも我が家の一員となった。

 

 

あれから6年たった。

 

 

チャビィのために二回引っ越した。

 

 

金もないのに・・。

 

 

 

すると・・

 

 

不思議な事に

 

不振であえいでいた

 

店がいい方向に

 

回った。結果的に。

 

 

チャビィのために旅行も一泊。

 

遠出もしない。

 

家に早く帰る。

 

 

チャビィに

 

振り回されているのだが

 

少しづつ、少しづつ

 

我が家の家計も

 

店も良くなって行く。

 

 

あんまり信じないほうだが

 

猫の恩返し

 

みたいなもんが

 

あるのかもしれない。

 

 

少しだけ思うね。

 

動物愛護協会の檻に居たチャビィ
動物愛護協会の檻に居たチャビィ