2016年

5月

05日

コツがある

火鍋を美味く食べるコツがある。

 

 

火鍋奉行と一緒に行く。

 

 

これは間違いない。

 

 

何回も火鍋を食べた事がある人は

 

何を赤いほうで

 

煮込んだほうがいいか

 

 

何を白いほうで

 

煮込んだほうがいいか

 

 

ライスは豚バラと

 

食べたほうがいいか

 

 

火鍋の付けダレを

 

どう使ったほうがいいか

 

と分かっているからだ。

 

 

初めて来て失敗するのは

 

どっかの火鍋と同じように考えて

 

なんでもかんでも

 

赤いほうにぶち込んで

 

 

後で辛くて痺れて

 

 

あ・・ちょっと・・なめてた・・

 

となることがよくある。

 

 

最後のほうは苦痛だ。

 

 

 

それからもう一つ

 

火鍋を食べる人を誘うとき

 

辛いのが好きかどうかを

 

よく確かめたほうがいい。

 

 

興味本位の人を誘うと後で後悔する。

 

 

 

店に来て火鍋が辛くて食えないと

 

あとは酒を飲むしかない。

 

 

火鍋以外にあるのは

 

きゅうりの一本漬けだけだ。

 

 

みんなが食べてるのに

 

自分だけ食べるものがない

 

すると必ずやる事は一つ。

 

 

喋りまくる。

 

 

そりゃそうだ。

 

 

話して、飲んで、話して。

 

 

そして誘った人はこう思う。

 

 

「こんな奴、誘って失敗した」

 

 

 

経験ある常連も多いんじゃないの?

 

 

そんなわけで火鍋は

 

辛いのが好きな人同士で

 

食べたほうがいいね。