教えを理解するまで18年・・・

飲食業に29歳で父親の店に入った。

 

 

よくありがちな

 

親子の考え方違いで店を飛び出した。

 


父親とわたしとの間に

 

父親の再婚相手のオバちゃんがいて

 

なおさら溝が深まった。

 


今考えれば


わたしの仕事に対する

 

姿勢が甘っちょろかった事が原因だが

 


その当時はそれが分からず

 

「おまえらふざけんな!」

 

なんて思ってた。

 


店を出るときは

 

小さい焼き鳥屋を始める事にした。

 

 

その時父親に

 

 

「店やるのはいいけどよ。」

 

「最後は1人になっても

 

料理できる店にしたほうがいいぞ。」

 

「そして嫁さん見つけて二人でやれよ。」

 

 

と言われた。

 


それを言われた瞬間

 

わたしは

 

 

「あ?俺は店をどんどん大きくする。」

 

「従業員を増やしてな!」

 

「俺は夫婦ふたりでやるなんてやだね」

 

 

と言い返した。

 

 


あれから18年・・・

 


人に飲食店について相談されると

 

こう答える。

 


「飲食業は夫婦が基本だね。」

 


父親が言った教えを

 

理解するまで18年かかったわけだ。

 


すげー回り道したけど

 

俺の言葉は説得力あるぜ。

 


どっかのわけわからねぇ

 

耳学問のコンサルタントよりも。

 

 


18年の間・・


だてに借金作ってねぇからね(笑)