光と影

「ウィキペディアに乗ってるっすよ」

 

「でも・・見ると・・悲しくなるから・・」


と言いながら苦笑いを浮かべた。

 

 

笑ってはいたが

 

目が笑ってなかったので

 

凄く気になった。


 

今日、来店された力士だ。

 


名前を聞いたので早速調べた。


 

学生相撲で

 

個人タイトルを何個も取っていた。


 

 

そして大相撲の世界に。

 


幕下付けだしデビュー。


 

そりゃもう強いわけです。

 


相撲協会が


あなたは強いから

 

上のクラスから戦ってください!


と言ってるわけだ。


 

なんだ・・

 

スゲェーじゃねぇの


と思った。

 


それにしても

 

なんであんな自嘲したような

 

笑いをしたんだと


不思議に思った。



そのあとの続きを読んでいくと


靭帯を怪我をしていた。


 

それからは怪我と


自分との戦いのようだ。

 


成績を見て素人の、わたしでも


もがき苦しんだと言うのがわかった。

 


現在34歳の力士。



光と影を見た気がした。


 

人生と同じ。



帰るときに大きな身体を曲げ


「美味しかったっす!」


と言って大きな手で握手してくれた。


 

手から色々な感情が伝わってきた。


 

勉強になった夜だった。