緊張しました・・今回も

わたし達、夫婦が応援している

 

松鳳山関は現在 二所ノ関部屋だ。

 

 

以前の名前は松ヶ根部屋だった。

 

 

二所ノ関部屋の親方が


元大関 若嶋津さん。

 


昨日は女将さんから予約の電話があった。



関取が田舎に帰ってるときに


火鍋を食べに来てくれる事が多い。

 


たぶん、関取に気を使わせないように


タイミングをづらして

 

心使いをしてる気がする。


 

昨日も緊張しながら待った。


 

とにかく親方のオーラがハンパないのだ。

 

長身で背筋がピーンとはり

 

もの静かな感じなで颯爽と歩いてくる。

 


そして店に入ってくるなり


長身を深く曲げ

 

両手を添えて握手をされる。

 


「今日はありがとうね」


 

もはや・・

 

その時点でノックアウトである。


わたしは・・。

 


腰が低い。


 

火鍋も豪快に食べていかれる。

 


そしてお会計が終わると

 

調理場のほうへ来て


「今日も美味しかった!」


と言いながら大きな手で握手される。


 

その道を極めた人の腰の低さに


また・・ノックアウトだ。


 

冗談は言える雰囲気じゃない。


 

 

しかし毎度、毎度

 

直立不動ではと思い・・



最後、勇気を振り絞ってわたしは言った。


 

「親方はゴマだれ使わないんですね・・」


「辛くないですか?」

 


すると親方は

 


「え?使うの?使わなくても美味しいよ」

 


すかさず・・わたしは

 


「わたしは使わないと食べれません・・」


と言った。


親方は

 

「え???辛い料理だしてるのに?」


と言って笑ってくれた。

 


冗談が通じてよかった。

 

緊張しました。

 


ちなみに女将さんには

 


「だって辛いって言っちゃ

 

駄目なんでしょ(笑)」

 


と言われた(苦笑)

 

 

一同、爆笑だったのは言うまでもない。