感激した事。

格闘技レフェリーの島田さんが

 

「現役のレスラー連れてきますよ!」

 

と言われた。


 

時間になり入り口の扉が開いた。


 

ゴツイ身体。

 

 

坊主頭。そして・・顔も怖かった・・


リングネームはつぼ原人選手。

 

 


火鍋会が始まった。


 

 

しばらくすると、


食器を下げる場所に

 

野菜盛りの皿を

 

持ってきた人がいた。

 

 


パッと振り向いたら


つぼ原人選手だった。

 


わたしは思った。

 


気遣いの人だと。

 


ラストオーダーの時間になった。

 


厨房に声が聞こえた。

 

 


声の主は太鼓の牧野さんだった。


「まだ食べますか?」


すると・・


「もう少し食べたいっす!」


と聞こえた。

 


つぼ原人選手の声だった。


その瞬間に俺は思った。

 


つぼ原人選手は

 

ほんとうに

 

火鍋に向き合ってくれている。

 


みやまの常連なら

 

俺の気持ちを


分かってくれると思う。

 


嬉しかった。


 

お会計が終わり

 

俺は


「写真を一緒に

 

撮らせてもらいたいです」


と言った。


 

二つ返事で

 

つぼ原人選手は写ってくれた。


 

火鍋に真剣に向き合ってくれた


つぼ原人選手を

 

わたしと、チャビママが


ファンになったのは言うまでもない。

 

 

家に帰ると・・・

 

ダイレクトメッセージと供に

つぼ原人選手から友達申請があった。

 

俺は思った。

 

どこまで謙虚な方なんだと。



悪役のレスラーだと思うんだけど

素敵な人って書いちゃまずかったかな・・


応援します!