学んだ夜。

いやぁ・・勉強になった。

 

 

とある祝賀会に

 

誘われた私とチャビママ。

 

 

そして私よりも大先輩の社長さん。

 

 

その日は都合が悪く

 

私たちは行けないことがわかった。

 


すると大先輩の社長さんがこう言った。

 


「マスターが行けないんなら

 

俺は行けない。」

 


私は一瞬・・なんでだろう。


と思った。

 


私たちが行かなくても


その社長さんも

 

共通の知り合いがいるし

 

行っても問題ない。

 


すると・・

 

こう言葉を続けた。


 

「そこはマスターたちが

 

出入りしているところで

 

俺じゃない。」

 


「俺はマスターたちの

 

お味噌としては行けるけど


それを飛び越しては行けない」

 


それを聞いて

 

 

私は・・

 


「ハッとなった」

 


やはり一代で全国レベルの会社の

 

社長になった人だと思った。

 


人間関係に揉まれた人でなければ


判らない事だ。

 


話だけきくと簡単なようだけど


中々できない。


 

筋を通す。

 


勉強になった。