2014年

9月

16日

丸い月に行った!

船橋に来て八年

 

どうしても入れなかった店があった。


店構えは昭和の焼肉屋の感じ。

 

店の前には積み上げたダンボール。

 

 

手書きの店前看板メニュー。

 


ワイルドだ。

 

 

出てくるお客さんも

 

日本人より韓国人のほうが多い。

 


気になる。

 

激しく気になる。

 

 

俺は韓国料理は食べた事なかった。

 


うちに来るお客さんがよく言うのは

 

船橋で肉が美味しいのは

 

丸い月

 

金剛苑

 

ホルモンならきのした

 

話をしてるのを耳にする。

 

 

しかし、その3店舗入りづらい。

 

 

みやまも入りづらいと

 

言われるがそれ以上だ。

 

 

「よくスタッフと行きますよ!」

 

 

そこで松澤さんの登場だ。

 

連れて行ってもらった。

 


扉をあけて入ると

 

昭和の焼肉屋の感じだ。

 

 

テーブルも昭和のテーブルだ。

 


店員さんは日本語が少しあやしい。

 

そして適度に

 

やる気がない感じも味がある。

 

 

メニューが壁に貼ってある。

 

 

実にいい!

 

スカシた店じゃないくて落ち着く。

 


何を食べていいか

 

わからないので松澤さんに任せた。

 


ここは焼肉より

 

サムギョプサルが美味しいですよ!

 


と言われてそれを食べた。

 

 

豚のバラ肉を変わった鉄板で焼いた。


それと同時にキムチのデカイの

 

ニンニクを焼いた。

 

 

焼きあがるとそれをまた

 

大きいハサミで豚バラを切った。

 

 

それをレタスとエゴマ?

 

それに葱の細ぎりを包んで食べた。

 


うまい!豚バラが!!

 

 

こんな美味い食べ物あったんか!!

 


また行きたい。

 


でも・・入りづらい。

 


次は船橋で美味しい焼肉と

 

評判の金剛苑が気になる。