座右の銘と苦悩。

とある相撲のコラムを読んでいた。

 

ある言葉に目が釘付けになった。

 

勝って驕らず

 

負けて腐らず

 

 

相撲道にはこういう言葉があるらしい。

 

 

素晴らしい言葉じゃないか。

 

 

学もないし、頭も良くない俺だが

 

この言葉は深いと思う。

 

 

座右の銘にしたい。

 

 

 

少し話は変わるが

 

閑古鳥が鳴く店のころは


借金の取立てに負われたり

 

支払いに苦労していた。

 


でも夜は寝れた。

 


あれから4年たった。

 

今でも銀行はリスケジュールが半年に一回ある。

 

しかし税金は払えるところまできた。

 

 

今は、疲れて眠る事はできるが

 

歯軋りが凄くなった。

 

 

歯医者さんで

 

マウスピースを作ってもらい

 

それを装着して寝る。

 

 

そのマウスピースも削れてる。

 

 

お客さんが来てくれるように

 

なってからプレッシャーを

 

強く感じる。

 


火鍋を美味しく作らなくてはいけない。

 

 

マイプレの石井さんあたりなら

 

それもまた人生だよ!

 

なんて言いそうだが(笑)

 

 

俺はそこまで精神力が強くないので

 

自分の弱さが

 

歯軋りに出ているんだろう。

 


明日も火鍋を作る。

 

なぜなら火鍋屋だからだ。

 

 

それしか俺には人を

 

喜ばせることができない。