2014年

7月

30日

感銘を受けた。

船橋本町は市民祭りで賑わっていた。

 

 

俺は仕込みをして

 

見ることが出来なかったが


店の前の通りを見ると

 

浴衣を着た女性や


楽しそうな家族連れをみて

 

 

賑わってるなぁ・・

 

 

と厨房で独り思っていた。

 


チャビママが店に

 

来て段取りを始めた。

 


フッと自動ドア越しに外を見た。

 


頭には頭巾をかぶった

 

50代ぐらいの男性が

 

店の前の道路に近づいてきた。

 


目の悪い俺は目を

 

凝らしながらその男性をみた。

 


片手にはゴミを取る

 

ハサミみたいのと

 

反対の手には

 

ビニール袋を持っていた。

 


ゴミを拾っていた。

 


祭りで捨てられた

 

吸殻

 

ビールの缶

 

食べたコンビ二弁当。

 

 


炎天下の中、黙々と。

 

 


チャビママが声をあげた。


「あ!二村さん」


知り合いだった。

 


船橋本町は祭りで大賑わい。

 


二村さんは


船橋本町の風俗街の裏道で


一つ一つゴミを拾っていた。

 


感銘を受けた。

 


ありがとうございます!


と心から思った。