たどり着いた契約更新。

「もう一度だけ挑戦させてくれ」

 

「あきらめきれない」

 

とチャビママに お願いしたのが

 

三年前の店舗の契約。

 

 

あれから三年。

 

 

今日、店舗の再契約にたどり着いた。

 

公証役場で書類を

 

 読み上げられるとき

 

さまざまな思いが廻った。

 

 

 

色々書こうと思ったが

 

言葉が出てこない。

 

 

 

三年間、雨の日も、風の日も

 

苦しい時も、心が折れそうな時も

 

 常に支えてくれた 直子には

 

感謝の気持ちでいっぱいだ。

 

 

それと ここまで

 

支えてくれたお客さんに

 

ほんとうに、ほんとうに

 

ありがとうございます。

 

と言いたい。

 

 

なんだ!

 

ベタなこと書いてやがってと思うだろ?

 

 

そう思われてもいい。

 

 

俺は有難いと思ってんだよ。

 

 

人間は、一人じゃ大した事はできない。

 

 

強くもない。

 

 

 

でも人に支えられると 100倍

 

いや1000倍の力を

 

出せることがわかった。

 

 

 

それだけでも3年間

 

もがき、苦しんだ事は

 

よかったと思う。

 

 

今日も船橋の街で火鍋を作る。