【第71話】たまには思い出ばなしでも

フェイスブックを初めてから暫くして

 

自分の名前のページ以外に

 

ファンページなるものが作れると知った。

 


誰かに進められた気がする。

 

覚えてないが・・。

 


見よう見まねで店のページを作った。

 


どういうシステムなのかは

 

 知らないが個人のページと違い

 

誰でも見れて誰でもコメントを

 

書けるようだった。

 

 

そこでまた・・

 

トラブル勃発だった。

 


店のページはどこの誰だかも


わからない人が見てコメントも来る。

 

 

中には

 

飲食店なんだから平身低頭しとれ!

 

みたいな感じのコメントも来た。

 

 

どんなやつだ?

 

 

と思いコメントしたやつの所に


見に行くと・・・

 


顔写真が小さくて見えなかったり

 

クマの縫いぐるみだったり・・

 

自分の事は見えなくしてあったりで


相手にするのもアホらしくなった。

 


そんなトラブル繰り返すうちに


喧嘩するのも馬鹿らしくなり


店のページは当たり障りのない


写真などを投稿するようにした。

 


個人のほうは今でも

 

好き勝手なことを書いている。

 


しかも色々設定できるので楽だ。

 

 

 

フェイスブックをいじり始めた同時に

 

 店の周りにある看板や

 

メニュー表示などを

 

少しづつ取り外し始めた。

 

 

この飲食店に

 

ありえない事をし始めたことが

 

後々店を強くしていった。