飲食店と独身

前にもブログで書いたんだが

 

飲食店の基本は

 

パパ、ママ店だと思っている。

 

 

この業界に入って

 

15年信念でさえあるね。

 

 

個人店で繁盛して

 

尚且つ長く続いている店は

 

店主がいて奥さんがホールを

 

やってることが多い。

 

 

次に繁盛する店は店主は

 

結婚して妻帯者だけれでも

 

バイトを使って営業している。

 

これも意外に繁盛店が多い。

 

 

これはあまり書きたくないが

 

店を潰すパターン・・

 

 

友人同士の経営・・

 

これは始めは、いいが失敗しやすい。

 

 

独身の店主

 

これも意外に問題だったりする。

 

 

なにせ男所帯だと店の中が

 

男っぽくなって

 

トイレなんかも

 

使えればいいや・・位で

 

華がない。

 

 

お客さんが男バッカリだったら

 

それでも良いけど

 

そんなわけにもいかない。

 

 

女性がいれば

 

トイレットペーパーを

 

三角に折ったり

 

チョッとした気遣いで店が

 

いい空気感をだす。

 

 

一番問題なのは独身店長で

 

やりがちな

 

営業に疲れはて・・

 

店で寝てしまう。

 

 

これは最悪だ。

 

 

飲食店の店主は

 

毎日風呂に入ったほうがいい。

 

あたりまえだろ?

 

清潔感は大事だ。

 


汗臭い店主が作った

 

料理なんか食いたくないだろ?

 

 

30代の頃

 

俺が焼き鳥屋の研修を

 

泊まりこみで三ヶ月程

 

受けたとき

 

寮(アパート)で寝泊りしたんだが

 

その同室のやつが(教える立場の人間)

 

・・風呂に入らない・・。

 

 

 

もう・・俺なんか・・

 

そいつの作る賄いも

 

食いたくなくなり・・

 

コンビニでおにぎり

 

買って過ごしてた。

 

 

本人は気づかずで最悪な思い出だ。

 

 

なにが言いたいかというと

 

いい店にしたければ

 

自分の彼女なり

 

奥さんなりに

 

協力してもらうのが

 

繁盛店への近道・・って事だ。

 

 

最後に一言

 

店泊は自分が思うより

 

店が・・ダメになって行くって事だな。

 

 

能書きたれてる・・お前はどうなんだ!?

 

って???

 

 

俺は風呂が大好きだ!!(笑)