あいさつ・・・

前に書いたけど7年前に来たとき

 

みやまがある時田ビルは

 

かなり荒廃した感じだった。

 

ピンサロ、怪しげなスナック

 

荒れた感じのマージャンやなど

 

 

店の前の通りは・・・

 

今よりも半分ぐらいに狭く

 

昼、夜問わず年齢差のある

 

カップルが歩いていた。

 

 

店の横の京成の私有地は

 

荒れ放題で怪しげな車が

 

路上駐車されていた。

 

 

今も怪しげな感じが残るけど

 

段違いに雰囲気がよくなった(笑)

 

 

あいさつしても

 

軽く無視されるなんて

 

日常茶飯事だった。

 

特に時田ビルは

 

韓国人、中国人、ロシア人

 

など色々いて国際的だった。

 

 

来た当初ビルに入っている店舗などと

 

トラぶった俺は心を閉ざした。

 

挨拶するのを辞めた。

 

彼らからすると

 

私たちのほうが古くからいるんだ。

 

という意識があったらしく

 

色々嫌がらせされたからだ。

 

 

元々は強烈な民族主義者だった

 

俺は、なおさら彼らを嫌った。

 

ちなみに今は須藤元気を尊敬して

 

we are all one だ。

 

昔の知り合いにあったら

 

「お前もヤキまわったんじゃねぇの?」

 

なんて言われそうだ(笑)

 

 

話は戻るが、それから・・7年・・

 

ビルの中も入れ替わった。

 

今では俺達が古い店になった。

 

 

ある時・・店が終わり帰ろうとすると・・

 

 

「おつかれさまです」

 

と言われた。

 

ビルでは一階以外の店とは

 

挨拶をしなかった俺だったので

 

ビックリした。

 

振り向くと三階のお店だった。

 

 

その瞬間に俺は・・愕然とした。

 

俺が7年前店に来たときに人にされた事を

 

今度は俺が新しく入って来た

 

店にしてるじゃねぇの・・。

 

傲慢だと思った。

 

それから猛反省した。

 

自分から挨拶しようと

 

努力しようとしている。

 

人生の途中に気が付いてよかった。

 

 

ちなみに・・

 

挨拶をしてきた中国人のお店は

 

お客さんの評判がいい。

 

繁盛しているようだ。

 

やっぱりあいさつは

 

商売の基本だと改めて判った。

 

消えていった店の特徴は

 

挨拶しない店だったな。

 

それは間違いない。