【その2】不思議な事

7月7日(土)8~10名(仮名N)という予約のメモを見た。

 

うちの店では予約帳と

 

厨房で予約を俺がいつでも

 

確認できるように

 

メモに書いて冷蔵庫の上に張ってある。

 

俺とチャビママでダブルブッキング等が

 

ないように二重にチェックしているわけだ。

 

俺はその予約のメモをみて

 

 

「あれ??なんだこれ?」

 

 

と思った。

 

なぜなら7月7日は・・日曜日だからだ。

 

それに変だった。

 

うちの店では基本的に5名以上は

 

知り合いか

 

知り合いの紹介で

 

なければ予約は受けない。

 

ましてや8~10名なんて人数のときは必ず

 

チャビママは俺に確認する。

 

俺には記憶がない。

 

 

俺はチャビママに

 

「これ変だな?7月7日土曜日に予約となってるけど・・」

 

「7月7日は日曜日だな・・。」

 

チャビママは

 

「あれ??なんか変だわ・・電話で確認してみるわ」

 

と答えた。

 

すぐにメモにある電話にかけた。

 

トゥルルル・・トゥルルル・・・

 

と呼び出したが・・電話に応答はなかった。

 

次の日にかけることになった。

 

トゥルルル・・トゥルルル・・・またでなかった。

 

連絡先に電話して出ないときはあまり

 

いい兆候ではないのが今までの経験だ。

 

二人で話した

 

会社の携帯で休日は電話を使ってないのかも?

 

と言う話になった。

 

そして・・次の日・・チャビママが電話を・・かけた。

 

トゥルルル・・トゥルルル・・・

 

そして・・・相手が出た。

 

 

「もしもし・・Nさんですか?」

 

 

「Nですが?何回も電話かけてきてますけど・・何の用でしょうか?」

 

半切れ気味にと答えた。

 

チャビママが

 

「7月7日の予約の件で・・」

 

と尋ねた。

 

すると・・・

 

予約はしてません。」と強い口調で答えた。

 

????と言う感じだ。

 

そして畳み掛けるように

 

「一度そちらに伺ったことはありますが・・・予約はしてません。」

 

そう言われて会話が続く筈もなく・・・

 

電話は・・・終わった。

 

不思議な感じだった。

 

相手の電話番号も合っていて

 

名前も合っていて

 

問い合わせると・・・予約はしてなかった。

 

二人で話した・・そしてある結論に達した。

 

それは・・と言うことだ。

 

知りたい人はお店で俺に尋ねてください。

 

そんなわけで

 

7月6日(土曜日)と7月7日(日曜日)

 

空席出来たので予約お待ちしてます(笑)