まず驚いたのは・・

世界を回るバイレースと

 

言えばMotoGPが有名だが

 

もう一つある。

 

 

それがスーパーバイク世界選手権

 

 

前にも書いたけど

 

市販のバイクを改造して

 

世界で一番早いのは誰なんだ!

 

ってレースだ。

 

 

市販のバイクがベースなんで

 

身近に感じやすい。

 

 

 

そりゃそうだ

 

 

 

レースで出てるバイクに似た

 

バイクを買えるとなれば

 

買いたくなるのが人情だ。

 

 

 

バイク天国東南アジアのタイは

 

テレビで観客席超満員だったな

 

 

 

ただ・・・ 

 

 

今は日本には来ないので

 

MotoGPより

 

人気が日本では少ない・・。

 

 

 

しかし!

 

 

レースは面白い。

 

 

 

 

まず驚いたのは・・・

 

 

日本が誇るバイクメーカー

 

カワサキの一強ということだ。

 

 

 

その次にイタリアのドゥカティ

 

日本のヤマハだ。

 

そして大差がついてホンダ。

 

 

 

MotoGPでブッチギリで

 

強いホンダがまったく勝てない。

 

 

 

話を元に戻そう。

 


 

カワサキのバイクと言えば

 

「あいつとララバイ」

 

研二君が乗ってたZⅡが有名だ。

 

 

 

そのカワサキのバイクにまたがり

 

絶対王者に君臨するのが

 

イギリス人ライダーの

 

ジョナサン レイだ。

 

 

 

もう強い。

 

 

 

負けることが

 

想像できないくらい強い!

 

 

子供の頃にみた

 

横綱 北の湖ぐらい強い!

 

 

 

あんまり強すぎるんで

 

バイクの主催者から

 

 

 

「悪いんだけど・・

 

バイクにハンデつけさせて」



カワサキのバイクにハンデを


付けられてしまった・・・・。

 

 

 

ハンデを付けられたのに

 

ジョナサン レイは

 

 

「そんなもの関係ないね」

 

 

どこ吹く風だ。

 

 

 

さらに速い。

 

 

 

一昨日のレースもブッチギリだ。

 

 

 

同じカワサキのチームにいる

 

トム サイクスは・・

 

まったく調子が悪い。

 

 

 

前々回のレースでトム サイクスが


ジョナサン レイのバイクに接触して




レイを転倒させてコースの


外へ弾き出してしまった…

 

 

同じチームメイトを。

 

 

それ以来どうもチーム内が

 

ギクシャクしてるようだ。

 

 

 

そんなスーパーバイク選手権には

 

昔は日本人もたくさん出ていた。

 

 

 

日本で開催されたときに

 

優勝した日本人選手がいる。

 

 

武田雄一さんだ。

 

 

みんなが思うライダーのイメージは

 

どこに怒りのスイッチが


あるか、わからない


ピリピリした感じがすると思うが



 

そんなことわない

 


 

武田さんは飄々とした感じだ。

 

 

また時間が合ったら

 

続きをかきます。

 

 

意外と好評なんで

 

気をよくしてます(笑)

     

絶対王者のジョナサン レイ
絶対王者のジョナサン レイ