四川火鍋って何なのそれ?

【四川火鍋】

 

 

四川料理と言えば

 

 

あなたは

 

何をすぐ思い出しますか?

 

 

麻婆豆腐? 

 

それとも担担麺? 

 

 

中国の人は四川料理と

 

言えば

 

「火鍋」

 

と答えるでしょう。

 

 

四川火鍋は、鍋が

 

二つに分かれています。

 

 

店によっては分かれてない

 

麻辣湯だけの鍋もあります。

 

 

一つは辛いスープと

 

もう一つは

 

辛くないスープです。

 

 

 

一つの鍋に二つのスープ

 

これが四川火鍋の特徴です。

 

 

●白湯
 

特に勧めません。

 

家庭でも作れる味です。


 

店によっては味がほとんどしない

 

清湯(透明なスープ)の店もあります。

 

 

 

●痺れる辛い麻辣湯

 

火鍋は麻辣湯で食べるのが美味い。

 

 

 

本場四川の香辛料(花椒・唐辛子など)を調合。

 

 

カプサイシン等の効果で

 

発汗作用があり

 

新陳代謝を活発にします。

 

 

 四川花椒の効果で口の中が

 

シビレまくります(癖になる)

 

 

そこに肉や魚介、野菜など

 

好きな具材をブチ込んで

 

つけダレと共に食せば

 

汗の噴き出る辛さと

 

爽快感が癖になる事間違いなし!

 

 

 

美肌・ダイエット・メタボ

 

そして、夏バテにも効果的!!



寒い冬に火鍋を食べると

 

体が温まるのは当たり前だけど

 

中国の人は夏バテ予防として

 

暑い夏でも火鍋をよく食べます。

 

 

 

暑い時、疲れている時こそ

 

口から栄養を取ることが大事です。

 

 

 

特に火鍋を食べた

 

次の日肌は艶々になるそうです。

 

「火鍋のおかげで」

 

 

 

中国には美人が

 

多いかも知れません

 

(個人的な感想です)


 

 

みやまの火鍋は


辛くて痺れます。

 


辛いのが


苦手な人には


勧めません。